TOP2009年03月


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

初恋の人からの手紙

前回のと似たような内容になってしまうんだけど、
流行ってるようなのでやってみた。

初恋の人からの手紙 http://letter.hanihoh.com/



初恋の人から永夢さんへお手紙が届きました。

永夢、元気?
今でも玉の輿に乗る夢を追いかけていますか?
「私は勝ち組になる」って毎日言っていた永夢をなつかしく思います。

泣きじゃくる永夢が「好きだけど寂しいから別れる」と言って
自分から連絡を断ったあの日から、もう11年が経ったんだね。
月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。
ただ部屋の掃除をしていたら永夢からの昔の手紙が出てきたから、
なつかしくなって。びっくりさせたかな。

今から思うと、なんだかあのときの付き合いは、
おれの一人よがりだったなぁという気がします。
永夢はいろいろと我慢して溜め込むタイプだったから、
なかなか気持ちに気付いてあげられず、
よく泣かせたり怒らせたりしていた印象があります。
いつのまにか不機嫌そうな顔になっていて混乱したことが何度あったことか・・・。
今では素直に気持ちを言えるようになっていますか?

そういえば永夢にとって、おれが最初の彼氏でしたね。
だからか、最初のころの永夢は、かなり猫をかぶっていたように
思います。最初のころは、少なくとも「ねぇねぇ、のどぼとけ触らせて♪」などと言えなかったはず。
今では勝手に触るぐらいになっているんでしょうね。

付き合ったばかりのころの永夢を思い出すと、不安だったのか
「別れたら罰金10万円ってことにしよう。だって別れないでしょ?」
などと言っていましたね。
プレッシャーに負けて「うん」と言ってしまったのを覚えています。
10万円どこに振り込めばいいですか?

恋愛を総合的に考えれば、おれは永夢と付き合えてよかったなぁと
思います。いつも不安げで泣き虫な永夢と付き合うことで、
自分が強くなるということを学べたように思えます。

いろいろ書いたけど、おれはそんな永夢のことが好きでした。
これからも永夢らしさを失わないよう、あと、そろそろ顔だけで男を選ぶのはやめて(笑)、誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 貸していたスラムダンク全巻、売ったって本当ですか?




スラダン読んでないんだよね~。
とりあえず10万円くださいww



永夢さんについての分析結果は以下の通り。

----------------------------------------------------------------------------

【短評】
温和で優しい。かわいらしさがあるが、自信に欠け、弱気。精神的な波がある。

【あなたの恋愛事情を考察】
永夢さんは、精神面ではいわゆる「女性らしい女性」だと言えるでしょう。
気性は穏やかで、決して男性を引っ張るタイプではなく、守るよりは守られたいタイプだと思われます。
しかし、その依存性が苦しみを生んでいる部分もあるのではないでしょうか。

男性に依存していると、人生が「相手次第、恋愛次第」になってしまい、疲れますし傷つきやすいはずです。
それに苦しんで「強くなろう」と思っても自分にフィットせず、「もっと温和で誠実な人と付き合おう」と思ってもしばらくするとなんだかドキドキできなくて、その人に対し「いい人なんだけど」と思いながら付き合いが長引いたりしがちです。

依存することに苦しくなったとき、永夢さんの中には「依存しない」という方向の解決しか思い浮かばず、当面はそんな袋小路に苦しむことになりそうです。

ここから言える、永夢さんにありそうな問題点を列挙します。

◆彼氏や恋愛の比重が大きくなりすぎてしまい、苦しくなる。
◆強くなろうとしても、強さがよくわからない。
 「我慢」や「意地」のことだと勘違いする。
◆言いたいことがうまく言えない。気持ちが分かってもらえない人と付き合うことが多い。



付き合いが長引くっていうのは合ってるw
でも結構淡白ですよ、私。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:独り言

猫は犬に非ず

おや、いつの間にかブログに画像が複数一度にupできるようになっておる!
便利・・?でも重くてタイムアウトになったから結局1枚1枚やった。
それに写真が縦だったり横だったりするとサムネのサイズが一定じゃないから
結局別々にやらないといけないじゃないですか。
いいのか悪いのか・・・。




昨日は劇団四季のCATSを見に行ってきました。
もともとミュージカルは好きだしCATSは5月で終わってしまうので
もう行くしかない!と。
CATSは昔アメリカで2回見たことがあるんだけど
1度目は広い劇場の2階席の一番後ろの席で
舞台の上の役者さんが米粒ほどで何が何だかさっぱりわからず
しっかり寝てしまい、ラストの選ばれた猫が天に昇っていくシーンしか
覚えていないという状態でした^^;
2度目はブロードウェイでなかなかいい席で見られたのだけど
中学生くらいだったし英語だからよくわからなかったんですよね。
劇団四季のは(というか日本語で見るのは)初めてなので
この日を楽しみにしてました♪


キャッツ・シアター

シアター外観もCATS☆
これは終わって出てきた時に撮ったので人いっぱいです。
しかも電柱とバスが邪魔だよー!入場前に撮っとけばよかった。
ここ、5月に公演終わったらどうするんでしょう?


会場に入るとロビーの壁に登場人物(猫)の写真としっぽが飾ってあります。
しっぽ!しっぽ!
白くてふわふわのグリドルボーンが素敵です(´¬`*)


さて、感想は・・・

も!っと読む▼

関連記事

カテゴリ:独り言
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。