TOPスポンサー広告アルビ中級の悪夢


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPマビノギ AR8Pへの道程アルビ中級の悪夢


アルビ中級の悪夢
これは7月中旬のある日のできごと。
この日は色んな意味で忘れられない1日であった。
もうどこでだったか忘れたけど私は1つの紙切れを拾った。

アルビ中級4人マゾ区魔族通行証

これをDの祭壇に落とせば特別なDに行けるという知識だけはあったので
好奇心から軽い気持ちで行ってみようとフェイに言った。
始めて一ヶ月も経ってない初心者がそこへ行くことがどれだけ無謀なことかも知らずに。
そして知り合いのド■スさん(掲載許可取ってないので伏字)を誘って行くことに。
1人足りなかったのでD前でエンチャ買取してたお兄さんを拉致(’’
07_18_040.jpg
こんなメンバーです。明らかに私が一番ヨワッチイです。
ちなみに拉致ったお兄さんは数字ランクミル所持の強い人でした。

ドキドキワクワクしながら入ったら
中は 地 獄 絵 図 だった・・・!
07_18_041.jpg
ひぃぃぃぃ(((( ;゚Д゚)))
部屋のどこにいても複数タゲられる。しかも敵の反応速度が超速い!!
どうしろと・・・。それでも他の3人は頑張っていたけど
へっぽこな私は死ぬしかすることがなかった・・・orz
というか、視点変えてる間にボコられて死んでt

出てきたのがウィスプでちょっと安心した瞬間。
07_18_042.jpg
ウィスプと戦ったのもほとんど初めてくらいでしたが・・・!

ちなみにこの時の私はレンジEカウンターC以外は戦闘スキル全部F
魔法無し、ソロじゃ赤クモにも負ける(=アタック+ディフェンスができていない)
というほんとにどうしようもない状態でした。
そんな風ですから普段D行くのも日々特攻。
(と言ってもキアマスバリ通常くらいしかまだ行ったことがなかったわけですが)
無理な特攻してる時って死にまくってても妙なハイテンションで
妙に楽しくて笑っちゃったりするものですが、
この日はもう そんなレベルの無謀さでは無かった。
もうどんどん時間が経つにつれてテンションは落ちる一方。
口では「もう笑うしかない」と言いつつ
モニターの前で中の人は(自分の不甲斐無さに)泣きそうでした。
みんなは楽しそうだったからよかったけど。
アルビ中級は二度と行きたくない!と思いましたとさ。
結局この後ここは無理だと引き上げて4人でキア通常に行きました。
2人で行った時は3時間かかってたところを
1時間かかるかかからないかであっさりクリアー。
マグナム1発撃ってる間に部屋の敵死んでます。楽ちんー。
私、何もしてなくていいのかしらとかちょっと思ったり。
ゴーレムも魔法の無い私は傍観。
そして魔法の必要性を切実に実感。


この日のできごとがきっかけで強くなりたい!と思った私は
とりあえず赤クモごときに負けているようではダメだ!と思い
フェイに手伝ってもらって特訓をしたのでした。
それからIBとFBを取得、現在に至ります。
(カウンターはG2来てからFまで下げた)
前に比べれば少しは成長してる・・・ハズ・・・
相変わらずPスキルは無いけど・・・。
そしてアルビ中級にはまだ行きたくないのは変わりませんがw
一種のトラウマですね。
でもこれがあったから私は1つの壁を乗り越えることができたんだ
と思えばそれもまたいい思い出。


余談ですが、この数日後にG2が来て
そしてその2日後くらいにたまたまPT組んだお兄さんを目撃したので
声かけようかと思ったらその人がいきなりパラディンに変身しててびっくりしたという思い出がw
それが初めて見たパラディンでしたー。今はもう珍しくもなんとも無いですがね。
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:マビノギ AR8Pへの道程
テーマ:マビノギ - ジャンル:オンラインゲーム
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。