TOPスポンサー広告猫は犬に非ず


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP独り言猫は犬に非ず


猫は犬に非ず

おや、いつの間にかブログに画像が複数一度にupできるようになっておる!
便利・・?でも重くてタイムアウトになったから結局1枚1枚やった。
それに写真が縦だったり横だったりするとサムネのサイズが一定じゃないから
結局別々にやらないといけないじゃないですか。
いいのか悪いのか・・・。




昨日は劇団四季のCATSを見に行ってきました。
もともとミュージカルは好きだしCATSは5月で終わってしまうので
もう行くしかない!と。
CATSは昔アメリカで2回見たことがあるんだけど
1度目は広い劇場の2階席の一番後ろの席で
舞台の上の役者さんが米粒ほどで何が何だかさっぱりわからず
しっかり寝てしまい、ラストの選ばれた猫が天に昇っていくシーンしか
覚えていないという状態でした^^;
2度目はブロードウェイでなかなかいい席で見られたのだけど
中学生くらいだったし英語だからよくわからなかったんですよね。
劇団四季のは(というか日本語で見るのは)初めてなので
この日を楽しみにしてました♪


キャッツ・シアター

シアター外観もCATS☆
これは終わって出てきた時に撮ったので人いっぱいです。
しかも電柱とバスが邪魔だよー!入場前に撮っとけばよかった。
ここ、5月に公演終わったらどうするんでしょう?


会場に入るとロビーの壁に登場人物(猫)の写真としっぽが飾ってあります。
しっぽ!しっぽ!
白くてふわふわのグリドルボーンが素敵です(´¬`*)


さて、感想は・・・
英語と日本語ではかなり印象が違いますね。
衣装やセットなどもブロードウェイとは少し違った気がします。
もううろ覚えであやふやだったあのシーンこのシーンが
あぁ、ここはそういう場面だったんだ!とやっと理解できました。
でも結局、これってストーリーらしいストーリーは無いんですね。
だからやっぱりよくわからないという印象が強い。
冒頭で「猫には3つの名前があってどうのこうの~」っていう導入部分も
全員で一度にしゃべるから何言ってるかわかんなくて^^;
ワンフレーズずつひとりずつとかにしてくれないかな。
卒業式の呼びかけのような感じでさw

しかし、たくさん出てくる猫たちはみんな個性的で魅力的でもあります。
翻訳の無理矢理感があって猫たちの名前が省略されてたり、
発音しきれてなくて何て言ってるのかわからなかったりするのが残念。
(長老猫の名前がオールド・デュトロノミーというのですが、
「オールデュトロノミー」と言ってるので「??」って感じでした。)
劇中では名前が出てこない子もたくさんいるのでプログラム必須です。
(3つの名前があるって言うわりに名前が出てくる猫が少ない)
私のお気に入りは天邪鬼でプレイボーイなつっぱり猫、ラム・タム・タガー。
普段はカッコつけてるくせに実は結構小心者さん。
マキャヴィティ(神出鬼没の犯罪王)が出てくるシーンでは
必ずいなくなってるのw 憎めないやつです。
それから真っ白な毛並みが美しく、しなやかな動きがひときわ優雅なヴィクトリア。
劇中に名前は出てこないけど月明かりの下ソロで踊るシーンは見惚れてしまいます。
たしかブロードウェイで初めてCATSを演じた日本人はこの役だったんじゃないかと。(うろ覚え)


そしてCATSといえば、やはりメモリーは名曲ですね!
前半でグリザベラが、後半でグリザベラとシラバブが歌っていたけど
グリザベラのソロじゃなかったんですね、ここ。
でもやっぱり全体的に英語の方が迫力があっていいなぁ。
なんで日本語だとちょっとダサい感じになっちゃうんでしょうね^^;
観客のノリとかも違うよね。どこか白けた感じなの。


それと、会場もさすがにCATS専用のシアターだけあってあまり広くはなく
どの席からも舞台がよく見えるのがよかったですね。
役者さんたちが客席の方まで縦横無尽に駆け回り
目の前まで来てくれるし、壇上にあげられてるお客さんもいましたw
フィナーレの後には握手して廻ってくれるのが嬉しいですね。
私の席は2階の前から2列目で通路側じゃなかったから
して貰えなかったけど。もう1列前だったら全員してくれたのに・・・!
あと、最初に席についたとき、ステージ前の4列が舞台の向こう側にあって
なんであんな舞台の裏側に席が?一体どこが正面??
と疑問に思ったんだけど、なんと座席部分ごと舞台が180度回転して
スタートしました。びっくり。でもあれ何の為なんだ(・ω・)?


なんというか、オペラ座の怪人とかのように「あー、面白かった!!」って
感じではないんだけど、このミュージカルは何度も見れば見る度新しい発見が
あって噛めば噛むほど味が出るするめ的な作品なのかなぁと思いました。
とにかく登場人物(猫)が多くて全員を見ることができませんからね。
それにしても、CATSがこれだけロングランを実現できているのは
やはり題材が猫だということも大きいと思います。
これがDOGSだったら・・・たぶん私は見ようと思っていないでしょうw
犬も嫌いじゃないけどね。断然猫派なので!
猫には犬とは違ったミステリアスな魅力があるのです。


次はライオンキングを見てみたいな。ウィキッドも。
四季の会に入ろうか迷います。そんなに頻繁には見に行けないけど・・・。
入会するとチケット代が割引になるみたいですが、
どのくらい安くなるのかが書いてないからわからないんですよね。
どなたか入ってる方いますか?


おまけ。というか自分用メモ。
キャスト
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:独り言
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。